スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

神の音に浸る至福のひととき

JUGEMテーマ:日々徒然

 

タワーレコードのオンラインでポチったら3日で届いた。輸入盤なのでもっとかかるのかなと思ったけれど、早かったな。嬉しいよ。

Sigur Rós の20周年記念、"Ágætis byrjun - A Good Beginning"

1stアルバム Ágætis byrjun のリマスター盤と、初期の未発表デモ音源やらライブ音源やらの4枚組。高かったけれど、これは買わないわけにはいかない。聴かないわけにはいかないのだ。

 

中学生たちが帰ってすぐに速攻で手抜きの晩ご飯(ざるそば)を食べ、速攻でお風呂に入り、4枚のうちの未発表テイクばかりの3枚を3時間ぶっ通しで聴いちゃった。

彼らの音の世界は、まだそんなに有名でもなかった20年前から、何かもうこと盤い言い表しえないくらい神々しい。

3時間の至福の時間。いつか食べようと思ってずっととっておいた小布施村の栗の渋皮煮も、こういう時にこそ食べようじゃないのという感じで、引っ張り出してきた。本当に幸せなひとときだ。

 

そういえば、大学に入って初めて音楽好きの友だちと話しをした時に、一番好きなアーティストの盤を貸しっこしようということになり、私が貸したのが Sigur Rós だった。以来、私は「ディープで変わった音楽趣味の人」になってしまったんだっけなあ・・・

 

 

スポンサーサイト

コメント