スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桑の実

JUGEMテーマ:日々徒然

 

桑の実がそろそろな感じだねー。

そして、青々と茂った桑畑の遠く向こうに四阿山ね。

そうなんだよ、今日は午前のバイトお休みいただいて大学に行ってきたのよ。

親しくしてもらってきた院生の先輩のところまで。一身上の相談に乗っていただきたく・・・

 

 

もう腹を括ったんだ。うちは何だかんだいっても工学部のようなところで、企業向けになる新しいものの開発、それに向けたデータの蓄積。そういうところだってこと。なので、私が今考えてるような、量産に向かないようなものはできないだろうって。

じゃあ、退学しちゃうか?そして、独力で何か探しに出かけるか?
それもかなり真剣に考えてはみたけれど、うちの大学なりの生物学ベースの素材開発、卒業まではそういう研究と実験におつきあいさせてもらってみようかな。企業に就職はしない私がそんなことやってもと思わないでもなかったけど、長い人生、そういうことをやっておいても決して損にはならないのでは。そう思えるようになって、4月に本格的に復学し、1年間みっちり研究室にこもって何かのプロジェクトに加えてもらって卒研やってみようかな、と。
自分プロジェクトは卒業してから30歳くらいまでをめどに独自修行。どうせ1年や2年でどうにかなりそうってな感じでもないしね。
そんなところに落ちついたんですが、どうでしょうか?そんな感じのことを聞いてもらったわけ。大学院への進学はしない方向でいきますとも付け加えて。
結果、先輩もそれでいいんじゃないか?退学しちゃうんじゃないかと心配してたよって。
ということで、来週あたり、学科の先生にこのこと話しにいくことにします。
なんかこの間のモヤモヤも、凹みも、かなり楽になったかも・・・
 
 
 
 
それにしても、街路の佇まいも、大学の正門のあたりも、校舎の7階から遠く望む私が住んでるエリアも、すっかり夏色になってますな。
大学院に進学するつもりで秋・冬・春と死ぬ気で働いてためたお金、それを少しだけ使わせてもらって、どこか遠くにでもいってみようかな、この夏は。なんて、考えないこともない今日です。

スポンサーサイト

コメント