スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

大雨じゃないですか!

JUGEMテーマ:お出かけ

 

午後から高速バスで東京へ。

池袋で降りたら土砂降り!

特に行かなければいけない用事などはなかったんだけど、もう何ヶ月も行ってないし、双子姉妹のKが就職先内定もらって就活を終えてってのもあるし、連休中うちに遊びに来た時のAがかわいかったし、日曜に帰る前に高校時代の友達と会ってくかななんて感じで、軽い気持ちで出かけました。

 

夕食を近所の韓国料理屋で食べよってことで、池袋でKと待ち合わせ。「珍しいね、大した用もないのに来るなんて」というKに、連休中にAが友達つれてうちに2泊してったこと、Aがとっても友達思いで気がやしい真っ直ぐな心を持ってて感激したことなど話してあげましたところ、Kの方はAとまだ1対1ではまともな会話すらないそうな。なので、とってもいい子だよって教えときましたよ。

 

 

で、都電降りたところで母と落ち合いお店へ。義父は仕事でおらず、Rも友達の家とかで、母がつれてきたのはAだけ。

Aは嬉しそうな顔で私の横にピタッとくっついて、連休の時に連れて行ったJちゃんもまた行きたいって言ってるから、「夏休みも行っていい?」とか、いっしょに作ったりんごのケーキ、お土産に持たせたりんごのコンポート使って2人で作って上手にできたとか、次々と私に話しかけるAの姿を見て、Kは「ヘ〜」という顔してました。
 
食事中もその後も、わりとどーでもいい他愛ない会話ばっかだったけど、まあそれとなくKには、就職おめでとうを言っておきました。服飾メーカーの営業職で、どうってことのない仕事だけど、とりあえず身の置き所は確保しておかないとねと言いつつ、私はあんたと違ってこだわりなく平凡に生きたい方なんで、そんなにいい会社でもないけど分相応なところかな、なんて謙遜してました。
そうだね。Kにとってはおそらく結婚し、子ども産んで、子ども育てる、そんな普通に幸せな家庭を築くことが大切なんだよな。別に私はそれを否定はしませんよ。私はそうしないというだけで、私とはちがう彼女の価値観・人生観があるのですから・・・
 
まあ、そんなふうにしているうち、Kは家に帰る時間となりバイバイ。(家には上がって行きたくない空気だった。)
で、母と付き合って、母が常連客となってる居酒屋さんへ。私が凹んでる時、美味しいものをたくさん送ってくれた居酒屋さんですね。お礼を言って、1時間くらい軽く飲んで、母はまだいるというので母は残して1人お店を出ました。
 
帰り道、遅くまでやってるスーパーにてこいつをゲット。この袋のまま冷凍しておけばいいということがわかったので5個購入。
私の大好物で、この時期東京ならすぐ手に入るんだけど、長野のスーパーではなかなか見かけないのです。貴重品。冷凍して、明日保冷バッグに入れてお持ち帰りします!
 

スポンサーサイト

コメント