女子扱いしていただけませぬ、笑

JUGEMテーマ:日々徒然

 

朝からどんよりとした空。

午前中は昨日に引き続き、時代小説を読みふけって過ごしてた。

 

2時前に家を出てSくんのお家に向かい、6時まで家庭教師。

で、家庭教師やってる最中にラインが来て、同学年男子たちから今晩宅飲みしてるから来ない?来るんなら夕食用意しとくって。

うーん、どうしようかなあ。特に行きたいという強い気持ちはおきなかったけど、しばらく顔を合わせてない人たちだからちょこっとだけ顔出すかな・・という感じで、Tくんのアパートまで行ってきた。

 

用意されてた夕食、カレーとコロッケなんだけど・・・いくらなんでもこの量!クリームコロッケ3個トッピングって。

私が男子並みの量を食べるというのは、それなりに界隈では知られているとはいえ・・・なんですかコレって感じ。

 

 

「ひどーい!!自分の彼女や、私以外の女子たちにこういうことしないくせに(怒)」って言ってやったんだけどね。でも、顔が笑ってるんで迫力はない。3人とも、「普通の女子と違ってこういうシャレが通じるとこがNのいいところだよ」ときた。(注:Nは私の苗字です。)つまりまあ「女子扱い」しなくてもいいとこが私のいいところってこと?まあ、それはそれで気持ちいいから許すかな、笑
でもねえ、この量、けっこうきましたよ。おかげでお腹パンパン。
食べてる最中から、「おおお、この感じだと完食しちゃうかも!」とか言って騒いでて、完食したら「おおおお!!じゃ、今日の飲み代はKのおごりってことで」って。どうも私が完食するか残すかで賭けをしてたみたいで、負けた方が飲み代持ちってことだったらしい。何てことでしょうねえ、人の食欲を賭けの道具に使っちゃってさ。で、夏で薄着なもんで、ぽっこり状態になった私のお腹見てみんなで爆笑してた。ほんと失礼!
 
でもまあ、こういう他愛ないことでバカみたいに盛り上がるのって、そういえば最近ぜんぜんなかったよなと思い、声かけてくれてちょっと感謝かな。
みんなの話題は、もっぱらそれぞれの所属研究室の様子。うちは実験で長時間拘束でブラックだとか、うちは先生がほとんど何も言って来ず、学生の指導はほとんどドクターの院生に任せてるとか、うちは研究テーマは勝手に上で決められるとか、まあそんなことばっか。みんな院進学なんで、ここが序の口、でもこんな感じだと修士までが限界かなとか、いやオレはドクターまで行って研究室のヌシになってやるとか、まあいろいろ。
私の口の挟める話題ではなかったけど、久しぶりな「学生飲み」の空気が妙に懐かしくて心地よかったかも。みなさん、ありがとね!!

スポンサーサイト

コメント